使うほどに味がでるシンプルで存在感のある骨董品

附属品があるなら合った方が査定は高くなる

ブランド物の買取をしてもらうとき、できるだけ付属品をそのままにして査定に出すと良いと言われます。あまり関係のなさそうな袋などもあると良いとされます。そのブランドの袋であるだけで一定の価値があるので、多少ですが金額アップしてもらえます。本来捨てるものもすべて置いておくと良いのでしょう。骨董品といえば古い物が多くなります。今のようにいろいろなものに箱があり、包装がされ、袋などに入れられたわけではありません。ただ時代によってはそれなりに保管をしやすくしてくれています。茶器などなら箱に入れてまとめて保管できるようになっているものもあります。壺も箱に入っているものが多いです。買取をしてもらうときは、付属品があるならそれらをすべて用意しておきましょう。箱に入っているものの場合、箱にいろいろな情報が書かれているときもあります。作者のサインが入っていて、それで作者を特定できるときもあります。鑑定書の役割をするときもあるので、箱があるなら箱に入れて査定をしてもらいましょう。