使うほどに味がでるシンプルで存在感のある骨董品

色んな骨董マーケットが展開している

骨董品といっても、100年以上と歴史が深く、外来文化や芸術を柔軟に取り入れるなど、異国情緒漂う作品が数多く残されています。例えば、13世紀から16世紀にかけて、金装飾のある豪華絢爛な陶磁器が作られています。器や壷、置物だけが骨董品ではありませんし、海外の骨董品コレクターからも支持されるため、一定の需要はあるようです。日本においても、焼き物の中でも平皿は、骨董品買取店に頻繁に持ち込まれ、査定依頼が多いジャンルです。というのは、高級料亭やレストランなどにもマーケットがあり、新しい需要が生まれています。法人からの買取依頼を行っている業者も少なくありません。また、骨董品といえば、古蔵から発見される壷などをイメージしますが、海外版でいえばアンティーク品です。ですので、椅子などの調度品も骨董品として買取品目になります。中には、象牙彫刻を施した司教座、青銅製の椅子など、分野にとらわれず作品を買取してくれています。

骨董品の高価買取を行っている業者をご紹介
この機会にご不要な骨董品を売りましょう