使うほどに味がでるシンプルで存在感のある骨董品

買取に際して登録証が必要な骨董品

多くの骨董品は買取業者へ依頼すれば買ってくれますが、中には登録証が必要な物もあります。日本刀や火縄銃といった骨董品もその一例で、登録証がなければ事務的に所有者を変更できないため、買ってもらえません。ただし銃砲刀剣類登録証があれば大丈夫ですので、相続した実家などからそれらが出てきた場合は、関係書類も探すのが肝要です。しかし、まだ登録されていない状態なら、管轄の警察に発見届けを出して、銃砲刀剣類の発見届け済証をもらいましょう。そして後日に審査を受け、銃砲刀剣類登録証が交付されますと、骨董品買取が行えるようになります。ですが審査に落ちた場合は骨董品として流通できないため、警察に処分してもらうことになります。また、骨董品の買取業者では、それらの手続きをサポートしてくれる場合が多いので、申請方法などが分からない時は相談してみると良いでしょう。そのほか象牙などの骨董品も、買取の際に登録証が必須になる場合があります。